ジャンプ力トレーニング奮闘記

ジャンプ力向上のために日々奮闘中!毎日更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クイックリフト

クイックリフトはジャンプ力にどれくらい効果があるのでしょうかね(^o^;
 
 
最近始めてなかなかいい感じですがヾ(o゚ω゚o)ノ゙
 
 
垂直跳びを測る機会があれば測ってみたいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/25(月) 14:33:05|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下半身トレーニング

ジャンプアタックの上級メニューをやってきます。
 
 
今週、模試もあるので筋トレ終わったら勉強(^o^;
 
筑波大学でバレーやるために頑張ります!
  1. 2010/01/13(水) 20:23:50|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長距離ランニング

長距離走の影響は実際あるのでしょうか…。
 
2kmくらいなら問題無いのでしょうかね。
 
 
遅筋の割合が増える可能性があるっていうのは納得出来そうな気がしますが、皆さんはどう思いますか?
 
長距離走でジャンプ力は伸びにくくなるのでしょうか?
 
意見が聞きたいです(´`)
  1. 2010/01/07(木) 16:52:34|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

持久走

今日は体育で持久走があります(´`)
 
持久走は垂直跳びを伸び悩ませる原因の一つとなります。
 
何故かというと、筋持久力のトレーニングになってしまい、ジャンプにあまり関係の無い遅筋を鍛えてしまうからです。
 
また、持久走によって遅筋の割合までもが増えてしまう可能性もあるという人もいます。
 
ジャンプアタックにも持久走は垂直跳びを伸び悩ませる原因となると書いてあります。
 
 
ですがプラトー(停滞期)を抜け出すには良いようです。
最近筋力がつかないというときはたまには持久走もいいのでは無いでしょうか?
 
俺は今プラトーだと思うので持久走頑張ろうかな…
  1. 2009/12/15(火) 09:35:32|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超回復

ふくらはぎ、腹筋、上腕二頭筋の超回復に要する時間は24時間
というのは本当でしょうか?
 
本当だとしたらトレーニングの日数やメニューを見直さなければならないかもしれません…。
 
 
確かにふくらはぎにあまり筋肉が付いてない気がします(^o^;
  1. 2009/12/13(日) 22:28:26|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス腱か…

他の方のブログを見て思ったのですがアキレス腱の長さや硬さはジャンプ力に関係あるんでしょうか?
 
足が細長くて跳ぶ人を見ると、どうも長い方が跳べるような気がします(´`)
 
身長が低い僕には関係ない話ですが(^o^;
  1. 2009/12/11(金) 07:25:40|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筋収縮の速度を上げる

今、サスペンショントレーニングの論文を読んでいい方法を思いつきました。
 
サスペンショントレーニングでは、人間をロープやゴムで上方向に引っ張り、負荷を軽くしてジャンプし、筋収縮速度を上げようとします。
 
 
ならば無負荷の状態で行えば、筋収縮速度を最大限に伸ばすことができるのでは無いでしょうか?
 
私が考えた方法だと、ジャンプ動作に関連性は少ししか無いのですが、紹介します(笑)
 
 
1 まず仰向けに寝ます。
2 足を上に上げます。
3 膝を曲げ、軽く腰を浮かせます。
4 一気に膝をのばします。(ジャンプするように。)
 
効果は保証しません(笑)
 
ただ、連続で10回やると、けっこう足に効きます。
 
 
 
どうでしょう?
効果が無いならすぐやめます(笑)
  1. 2009/12/07(月) 22:36:00|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ストレッチについて

私は少し勘違いをしてたようです。
 
今、ストレッチについて調べていたら
ストレッチにも筋肥大効果があるようです。
 
確かに静的ストレッチによって一時的にはジャンプ力が落ちますが、継続的な静的ストレッチでは筋力を上げることができるので、結果的にジャンプ力が上がるようです。
 
ただし、やっぱり競技直前は静的ストレッチはやめた方がいいです。

だからジャンプアタック中のストレッチは積極的に行っていこうと思います!
  1. 2009/12/06(日) 21:17:42|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレーニング理論まとめ

今思いついたジャンプ力を上げる方法を忘れないようにまとめておきます(´`)
※全て正しいとは限りません。
 
ジャンプに必要な筋肉=速筋
 
腱や筋肉の弾性(伸張反射)を強化=プライオメトリクストレーニング
 
 
持久走は速筋の割合を低下させる可能性があるので、できるだけ避ける。

よく、毎日爪先立ちをするとジャンプ力が上がるという人がいるが、実際はそんなに効果が無いどころか、逆に下がる可能性がある。縄跳び1000回とかも同様に×

 
 
筋トレ
筋肥大→最大筋力の向上→爆発的パワーの向上→プライオメトリクス
 
 
上半身の筋肉も重要。
もちろん下半身が一番重要。
 
筋トレは正しいフォームで。
  1. 2009/12/02(水) 22:26:05|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椅子に座った状態からのジャンプ

椅子に座った状態からのジャンプによってハムストリングやお尻の筋肉を効果的に鍛えられるようです。
 
あと、私的にはブルガリアンスクワット(分からない人は調べてみてください。片足スクワットのようなものです。)がハムストリングやお尻の筋肉を鍛えるのに良いようなので筋トレに組み入れてます。
 
 
これからは椅子に座った状態からのボックスジャンプなんかも組み入れてみようかと思ってます。
 
 
マイケルジョーダンなどのかなりの跳躍力を持つ人はハムストリングから股関節、お尻にかけての筋肉の爆発力が凄いです。
 
日本人はハムストリングが弱いそうなのて、かなり鍛えなくてはいけないようです。
  1. 2009/12/01(火) 22:21:45|
  2. トレーニング理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。